リンク集

2011年04月27日

おまとめローン ドルが対ユーロで上昇、米大統領の赤字削減計画を好感

13日のニューヨーク外国為替市場で、ドルが対ユーロで上昇。オバマ米大統領がこの日、向こう12年以内に4兆ドルの財政赤字削減を目指す計画を発表したことがドルを支援した。

 ただ金利差を背景とした、ドルに対する弱気地合いに変化はないとみられている。 

 GFT(ニューヨーク)の為替調査部ディレクター、キャシー・リアン氏は「オバマ大統領の赤字削減計画は前向きに受け止められており、米経済への楽観的な見方が広がっている」とする一方、「ドルに対する地合いを完全に転換させるほど十分でない」と述べた。

 米連邦準備理事会(FRB)が利上げで他の中央銀行に遅れをとるとの見方が根強いなか、ドルに対する地合いは依然かなり弱いとみられている。

 終盤の取引で、ユーロ/ドルは0.2%安の1.4442ドル。EBSによると、一時1年3カ月ぶり高値となる1.4521ドルをつけた。

 FXソリューションズ(ニュージャージー州)の首席市場アナリスト、ジョゼフ・トレビサーニ氏は、ユーロはテクニカル要因で1.4450ドルを割り込んだと指摘。1.4450ドル付近にあった中規模のストップロスを巻き込みながら、支持水準の1.4445ドルを下回ったと述べた。ユーロの地合いに大きな変更は見込んでいないともした。

 ユーロは年初以降、約8%上昇しており、押し戻されやすい可能性がある一方、欧州中央銀行(ECB)による追加利上げをめぐる観測が引き続き支援材料となっている。

 野村証券では、ECBの引き締め観測に加え、ユーロ圏の銀行システムのリスク低下、リスクプレミアムの相対的な低下に関する見方が、これまでユーロを後押ししていると指摘した。

 一段とタカ派的なECBの動きは現時点で織り込み済みだが、ユーロ圏の銀行システムの改善は本格的とみられ、とりわけユーロ圏の銀行による新たな資本調達が継続するなら、向こう数カ月にわたって改善は持続するだろう、と述べた。

 こうしたなか、円は対ドルで5日ぶりに下落。リスク選好の改善などが要因となった。

 ドル/円は0.2%高の83.80円。前日は1.2%強下落し、一日の下げ幅としては過去4カ月間で最大となった。

 ユーロ/円は121.04円とほぼ変わらず。11日につけた11カ月ぶり高値となる123.33円の水準を大きく下回っている。

 市場では、日本での震災などによる影響で、日銀の金融政策は長期間、緩和的な状態が続くとみられており、円キャリー取引の継続を見込んでいる

人気ブログランキングへ

おまとめローン

会津若松美容室

会津若松中古車

米通販

千歳烏山美容室

米通販

銀座美容室

おまとめローン

仙川美容室

会津若松賃貸住宅

郡山中古車

国立美容室

国分寺美容室

武蔵小金井美容室

三鷹美容室

荻窪美容室

高円寺美容室

阿佐ヶ谷美容室

北千住美容室

綾瀬美容室

竹ノ塚美容室

西新井美容室

亀有美容室

錦糸町美容室

亀戸美容室

両国美容室

門前仲町美容室

葛西美容室

小岩美容室

瑞江美容室

草加美容室


厚木美容室

関内美容室

藤沢美容室

元町美容室

戸塚美容室

平塚美容室

桜木町美容室

熊谷美容室

上尾美容室

深谷美容室

古河美容室

大宮美容室

浦和美容室

川口美容室

東大宮美容室

新百合ヶ丘美容室

永山美容室

相模原美容室

大和美容室
posted by 清之助 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | おまとめローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。