リンク集

2011年03月25日

おまとめローン 欧州の銀行、深刻な景気後退時には最大3550億ドル必要に=S&P

米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は23日、欧州諸国および銀行についての独自の「ストレステスト」によると、深刻なリセッション(景気後退)時に欧州の銀行は最大2500億ユーロ(3550億ドル)の調達を余儀なくされ、政府の借入所要額が全体で20%増加するとの見方を示した。

 S&Pは2011年から2015年に「深刻な景気後退」があった場合、欧州の99金融機関のうち22機関で合わせて1610億ユーロの調達が必要になると分析。対象行が欧州の銀行セクターの約7割をカバーしているため、全体的な銀行の資本増強コストは恐らく2000億─2500億ユーロになるだろうとしている。

 S&Pの推定は、支払い能力に関する市場の懸念緩和に向け、銀行が資産の中核的自己資本(Tier1)比率を7%に高めるために資本増強が必要になるとの仮定に基づいている。

 S&Pのストレスシナリオでは、ギリシャ、アイルランド、スペイン、ポルトガルの銀行システムが最も深刻な打撃を受けるとみられている。

郡山賃貸マンション

郡山賃貸アパート

郡山賃貸情報

郡山賃貸

郡山賃貸物件

郡山美容室

仙川美容室

仙川美容室ヘアスタイル

吉祥寺美容室

恵比寿美容室

宇都宮美容室

新宿美容室
posted by 清之助 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | おまとめローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。